新年の挨拶

新年、おめでとうございます。みなさまがより良い年となりますように。



撮影:山下一夫



◯2013年最初のお知らせ。
IKKO TANIUCHI'S NIKKIのドメインが変わりました。
今後とも宜しくお願いします。






えるものとうしなうもの



2012年
谷内一光の表現に関わって下さった皆様へ

今年も何かとお世話になり本当にありがとうございました
来るべき新しい年が皆様にとって佳き年となりますように

2013年も頑張りましょう

「えるもののためにうしなうぞ」


たましいのいれもの

撮影:藤井摩耶


写真家の皆様に多くの絵の具舞踏写真をいただきましたので近日更新します。
どうぞお楽しみに。






谷内一光は呼に思う

おはようございます。最終日です。
一日在廊しています。




LAST DAY
IKKO TANIUCHI EXHIBITION
THE AGE OF IKKO TANIUCHI
2012.3.8 - 3.20





「夜」2011 1800mm×1800mm acrylic on board





EXHIBITION谷内一光展『谷内一光時代』



■会期:2012年3月8日(木)〜20日(火・祝)
■時間:12時00分〜18時00分(最終日17時00分まで・水曜休廊)
*作家在廊日:8日(木)・11日(日)・18日(日)・20日(火・祝)



会場:ギャラリーマーヤ
〒569-0804 高槻市紺屋町3-1-216 グリーンプラザ3号館2階
tel/fax:072-683-6456
・JR高槻駅中央改札口を出て右折、グリーンプラザ3号館2階中央。
・阪急高槻市駅より、JR高槻駅方面へ徒歩5分。
MAP




________








谷内一光

1984年京都生まれ。大阪在住の美術家。2005年より展覧会「谷内一光時代」を軸に、国内外で多くの作品を発表。近年はモノクロームの作品が多い。パフォーマンス活動では、キャンバスを床面に置き、その上で色を浴びるように全身で絵画を体現しながら描く「絵の具舞踏」と呼ばれる独自の表現手段をクラブ・ギャラリー・劇場・野外・海外フェスティバルなどで展開。力強く愛に溢れた作風が特徴。
http://twitter.com/ikkotaniuchi




谷内一光は途に思う

2005年から続けている展覧会「谷内一光時代」の29回目が無事に始まりました。今年で8年目(たった)ですが、なぜだか冷静に励精な気持ちでいた。 早々に観に来て下さった塔本賢一氏と話をしていると、だんだんと沸き上がる気持ちがあった。そうか、わたしは燃えているのだ。冷静に。その事に改めて気付 かされた初日だった。

本日3月11日(日)は会場にて公開制作をしています。時間は昼12時から夜19時頃までです。どなたでも観覧無料ですのでお気軽にお越し下さい。

呼吸をとめてじっくり描こう。水が流れていくように。走らず焦らず、ただ歩いている時のように。目をしっかりと開けて探そう。深く潜った先の明かりを。わたしは絵を信じている。





IKKO TANIUCHI EXHIBITION
THE AGE OF IKKO TANIUCHI
2012.3.8 - 3.20





「夜」2011 1800mm×1800mm acrylic on board


本日3月8日(木)から20日(火・祝)までの期間は毎年恒例、大阪・高槻 ギャラリーマーヤにて展覧会「谷内一光時代」を行ないます。2005年から続けているこの展覧会もお陰様で29回目を迎えることとなり大変感謝しております。今回の展示では表題の「夜」をはじめとしたアクリル絵の具を使用した作品を展示します。

関連イベントとして、3月11日(日)は公開制作、18日(日)はゲストミュージシャンと共に絵の具舞踏を行ないますのでこちらもあわせてご覧下さい。皆様のお越しを心よりお待ちしております。





EXHIBITION谷内一光展『谷内一光時代』



■会期:2012年3月8日(木)〜20日(火・祝)
■時間:12時00分〜18時00分(最終日17時00分まで・水曜休廊)
*作家在廊日:8日(木)・11日(日)・18日(日)・20日(火・祝)





EVENT 13.11 公開制作



3.11|公開制作
■日時:2012年3月11日(日)12時00分〜19時00分
*会場にて作品を制作します。今を生きる作家の創作や思考の秘密に触れ、美術が生まれる現場をどうぞお見逃しなく。観覧は無料です。




EVENT 23.18 絵の具舞踏と演奏の会



3.18|絵の具舞踏と演奏の会
■日時:2012年3月18日(日)開場:18時00分/開演:18時30分
■出演:谷内一光・もぐらが一周するまで/びろうどねこ
■料金:入場無料(投げ銭歓迎)
* 谷内一光による絵の具舞踏の上演(演奏:もぐらが一周するまで)とゲストミュージシャン・びろうどねこによる演奏の会です。絵の具舞踏を最前列でご覧にな りたい方は、使用する絵の具が飛散する事がございますので、汚れても良い服装でお越しいただくか、タオルなどを持参の上お楽しみ下さい。



会場:ギャラリーマーヤ
〒569-0804 高槻市紺屋町3-1-216 グリーンプラザ3号館2階
tel/fax:072-683-6456
・JR高槻駅中央改札口を出て右折、グリーンプラザ3号館2階中央。
・阪急高槻市駅より、JR高槻駅方面へ徒歩5分。
MAP




________







出演者プロフィール







もぐらが一周するまで

音 楽家・佐藤亘によるソロプロジェクト。関西を中心に2004年より活動を開始。サンプラーなどのいわゆるループとは違う、ただただディレイの減衰/増幅を 利用してのエレクトリックギター・ミニマルミュージック。ソロライブはもとより、近年はパーカッションとのデュオ形式をはじめ、ミュージシャン・演劇・舞 踏・狂言・ライブペイント・パフォーマー・映像集団とのセッションなど、その活動は多岐に渡る。
http://www.myspace.com/moguragaissyu








びろうどねこ

滋賀県在住。2009年より「びろうどねこ」としてアコースティックギター、バンジョーでの弾き語りライヴを京都、滋賀を拠点に様々な場所で行う。2011年8月にリリースした1st
album「Uneri」にはソロをはじめ、elementsのアコーディオ二ストryotaroほか、数名のゲストミュージシャンを迎えたトラック、そしてスペシャルトラックとしてAcid Mothers
Templeのギタリスト河端一とのスタジオ一発録りトラックを収録。物語を映し出す不思議な世界は、今後もますます深く、広がってゆく。
http://nekooooo.biroudo.jp/









谷内一光

1984年京都生まれ。大阪在住の美術家。2005年より展覧会「谷内一光時代」を軸に、国内外で多くの作品を発表。近年はモノクロームの作品が多い。パ フォーマンス活動では、キャンバスを床面に置き、その上で色を浴びるように全身で絵画を体現しながら描く「絵の具舞踏」と呼ばれる独自の表現手段をクラ ブ・ギャラリー・劇場・野外・海外フェスティバルなどで展開。力強く愛に溢れた作風が特徴。
http://twitter.com/ikkotaniuchi







↑展覧会DMをご希望の方はE-MAILにてお知らせ下さい。お送り致します。
mail:ikkotaniuchi@gmail.com




NEW VIDEO!

この度、谷内一光の新しい映像作品が出来上がりました。撮影・編集などはすべて谷口善尚氏によるものです。どうもありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。音楽は、もぐらが一周するまで氏&miku-mari氏によるとても素晴らしい演奏とのセッションになっています。トータルで17分 ありますのでコーヒーでも飲みながらどうぞごゆっくりご覧下さい。